ホームページ 

http://www.vintage-mood.com

『ムード・ミュージックの楽しみ』〜心の仮想空間〜

テレビで実際に使われた日曜洋画劇場の旧エンディング・テーマを日本で初めて収録、発表したのは当方の制作による復刻CDです。


心の幸福を思考から手助けする

 ムード・ミュージック

 

物質の世界に生きる私達には、身の回りにモノという物質が豊富にあれば幸せです。

しかしながら、「モノだけ」では満足することが出来ないので、

人は自分の心を満たして豊かにしてくれるものも必要とします。

その一つが芸術で、中でもムード・ミュージックという

「リスナーに解釈を委ねるような音楽」には、そこから

感じることによって得られる「心の気づき」があります。

ストレスだらけの世の中にいると、少しでも心地よく過ごすことが

出来るようにしたいものです。怒りとか、妬みとか、周囲に起こったことで

感情的にならず、「自分を育てる心の環境」を作るための自分観察として、

音楽による心の気づき・・・例えば、身近にある喜び、安らぎ、

楽しさといった心の幸せを思い起こして、感じてみようという考え方です。

自分の中で、考えが整理されるということでもあります。

誰もが他人事ではない日本の自殺者数の多さ。

「感情の流れにストップをかけられている状態」が、「うつ状態」という

ことだそうですけれども、まず心を休ませて、

何か感動することが快方に向かわせるといいます。

ですから、うつ状態でなくても、日頃から何かの感動(そんなに大げさなものでなくても)

を日常生活の中で意識することが、心の健康に良いことであるといえます。

ムード・ミュージックのイメージとして、簡単なグラフを作ってみました。

日常生活には、いいことも嫌なことも含め、色々なことがあります。

自分の思考から、色んな気分(ムード)や、感情が生み出されて、

それがエネルギーとなり、現実化するといわれています。

例えば「何々を何々で失敗したらどうしよう・・・」と心配しながら思っていたら、

結局その通りに「何々を何々で失敗した」ということになる説です。

何か思い当たる節はありませんか?

つまり、素敵なムード・ミュージックを聴いて、良いことを想像するといったように、

ムード・ミュージックから得られる心境の変化(デジャビュあるいは同調)によって、

何かを感じてエネルギーとすることが、思考の現実化の手助けにもなります。

もちろん、自分の中にあるものしか、自分の頭の中には出て来ないかも知れませんが、

それでもとりあえずは、前向きに活かそうということです。

上記グラフの項目に、A、B、C、Dと別けてみました。

コーラスはあっても歌詞をメインにはしないムード・ミュージックにとって、

歌詞内容によるイメージは影響しません。

現実的には、人の気分(ムード)と同じように、ムード・ミュージックのアルバムでも

色んなものが重ね合わさって複合化していますが、ここでは「アルバムのテーマ」として

適合するものをいくつか御紹介いたします。

以下項目ごとの紹介は、項目をクリックして、それぞれのページを御覧ください。

上記、私なりに4種類を簡単に分けましたが、他にも

もちろん、どれにも当てはまらないタイプもあります。

例えば「不気味型」「意味不明」系のものなどがありますけれども、

結局は人の心と一緒で、どのように解釈するかは、あなた次第!というのが

ムード・ミュージックの特徴でもあり、面白さでもあるのです(笑)

 

これらのムード・ミュージックを聴いてみることによって、

自らの思考の助けや、心の栄養として

御活用していただければ、幸いに思っています・・・ 

 

当ホームページにて御紹介しているのは、一部分のタイトルです。

リスト掲載の無いタイトルは、廃盤等の一部を除き

有料会員制のホームページにて御紹介しております。


当ホームページ全体の文章および画像(雑誌『パイパーズ』表紙・紙面画像、JASRAC の透かしロゴやバナー類、

リンク提携企業先に関連するもの等を除く)、そして音源(作詞や作曲を除く権利)は、

当ホームページ制作者に著作権がありますので、無断転載・画像の再利用はお断りいたします。

もしこれらを発見した場合は著作権侵害として、然るべき処置を求めることがあります。

また、掲示板などで当ホームページの文章の一部分でも“引用”として無断掲載された場合でも、

引用の定義に値しないものは、無断転載とみなします。