往年の映画館プログラムと、当時のレコード

『映画プログラム グラフィティ(映画100年・その輝く青春)』
(著)加納一朗(双葉社)に出て来る
往年の“映画館で作った独自のプログラム”というのを
リアルタイムに知らない世代です。
子供の頃から、映画はテレビでやっていました。
小学生の時に映画館へ連れて行ってもらったこともありますが、
もう既に“何処の映画館で買っても同じようなプログラム”に
なっていた時代です。

後、バブルの時代からは、往年の映画のプログラム、
チラシと共に、もの凄いプレミアがつきましたね。
横浜駅に、映画のチラシ専門店が出来た時、
コレクションしていた友人に誘われて行ったことがあります。
まだ小学生でしたが、ただただ金額にびっくりし・・・
でも友人は、買いまくってました(苦笑)

私は、レコードは集めても、当時それらに
あまり興味が無く、映画音楽から知った
古い映画を調べるために、プログラムを探すようになりました。
書物は音楽と同じで、流行ったような
有名作品ばかり載っていることが多いので・・・
意識して探したのは、1950年代にアメリカで活躍した
音楽家のTak Shindo 氏の手掛けたという
シネラマ映画『世界の七不思議』のパンフレットが
最初だったかも知れません。

まだインターネットもないですから、
いろんな古本屋で尋ねたり、いくつかの東京近辺の専門店へも
行ってみましたが見つからず・・・
ある夏の日、電車で3駅ほど先の、意外に家の近くの
古本屋にて、そのシネラマ映画『世界の七不思議』の
パンフレットがありました。
しかも中に半券まで入っていて1000円!
でも古いパンフレットの値段って、
実は未だによく分りません(苦笑)

上記、加納一朗 氏が執筆された本は、
映画館独自に作っていた往年のプログラムを対象に、
筆者の人生の軌跡と共に記されています。
パンフレットから感じられる時代の匂いや、
各映画館のムード、それに筆者の貴重な
映画の歴史までを感じながら、
作品やその背景に対しての自分なりのイメージを
組み立てて行くのが、私にとっては楽しみなのです(笑)

誰も知らないような、無名な映画でも、
過去に作られ、ある場所にて公開され、
それを観ていた人々がいたはずです。
そんな情報を掘り起こし、再度、
記録として残しながら、私のように
当時を知らなくても、またそれを想像とともに
楽しむのも面白いのではないか?
と、思っているのです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です