ホームページ 

http://www.vintage-mood.com

『ムード・ミュージックの楽しみ』〜心の仮想空間〜

テレビで実際に使われたモートン・グールド楽団の「So in Love」を日本で初収録したのが当方の復刻CDです。


D群:感傷的であっても現実と未来をみつめている心境

   「落ち込んでいても前向きな気持ちのムード」

グラフではA群と同じ、左側にあたる程、

後ろ向きで自己否定するような感情を持ち、

感傷的(センチメンタル)な気分にさせるイメージのタイプです。

ただし、グラフの縦軸では上の方で、

どちらかというと明るいイメージになります。

大まかには、このA群に当てはまるものと同じく、

昔の自分にとって良かった頃を、懐かしく

回想するようなタイプが多いですが、

違っているのは、微笑ましい明るさが見える事です。

落ち込んで、心では泣いているような気分(ムード)であるものの、

現実を受け止めて前向きになっているような明るさや

微笑みを与えているような印象のムード・ミュージックです。

試聴ボタンをクリックしていただくと、ウインドウズ・メディア・プレーヤーにて、

そのCDの一部がお聴きになることができます。お使いの機種がマッキントッシュなどで

インストールされていない場合は、以下のアドレスにてダウンロードできます。

(メディア・プレーヤー) http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-media

S0602131586

自分に与えてくれた人々の人間的な魅力を感傷的に思い出す瞬間

『幻世』(EH-200) ラス・ガルシア楽団

 

もし絶望的な気分で、肉体的な最期の時を想像するなら、今まで

人から与えられた優しさを思い出して、前向きに生きられるかも知れません・・・

誰かを想う優しい心が、宇宙を淋し気に木霊する風景

『どこかの夜空の下で』(EH-274) ノリー・パラマー楽団

 

時折メロディーを口ずさむ魅惑的なソプラノ・ヴォイスが

愛撫するように、優しさでやわらかく包み込むような・・・

闇に包まれての発見を楽しむ気分

『ナイト・ロマンス』(EH-265) ヴィック・ショーン楽団

 

雨が降った後の夕暮れの暗闇。重く沈んだ気分も、視点を変えてみれば、

素敵な発見もあって楽しくなるかも知れません・・・

会える機会の尊さを感じる幸せ

『深夜のレストランで』(EH-152) ザ・グレゴリー・プリージャー楽団

 

縁あった人とのつながりを思い、一緒にいる間の楽しさや嬉しさあり、

やがて来るしばし別れの時。貴重な時間の中で、気がつく何か・・・ 

時間を超越して残る人の念

『思い出』(EH-216) マーティー・ゴールド楽団/モートン・グールド楽団

 

辛くて泣きそうな感情に包まれた時、無理をせずに

心を休ませれば、時間が解決してくれるかも知れません・・・

思い通りにならない苛立ちと後悔に満ちた感情の後

『暗闇の妄想』(LC-146) アックァヴィヴァ管弦楽団

 

もどかしい感情から、深い失望へと変わり、自分自身との

対話によって、全てを受け入れることに・・・

この他にも、いろいろなタイトルを当ホームページから作らせていただいていますが、

当ホームページにて掲載しているのは、一部分のタイトルのみです。

リストに掲載以外の他のタイトルは、廃盤等の一部を除き

有料会員制のホームページにて御紹介しています。

他のカテゴリー:

 

A群:感傷系、自己破滅型による心境

   「気づきが一番大きいムード」

 

B群:建設的な、楽しい時を思い巡らしているような心境

   「思慮深い愛を明るく振りまく美しいムード」

 

C群:楽天的、特に何かを深く思っている訳でもない心境

   「とにかく楽しくて、軽い気持ちのムード」

 


当ホームページ全体の文章および画像(雑誌『パイパーズ』表紙・紙面画像、JASRAC の透かしロゴやバナー類、

リンク提携企業先に関連するもの等を除く)、そして音源(作詞や作曲を除く権利)は、

当ホームページ制作者に著作権がありますので、無断転載・画像の再利用はお断りいたします。

もしこれらを発見した場合は著作権侵害として、然るべき処置を求めることがあります。

また、掲示板などで当ホームページの文章の一部分でも“引用”として無断掲載された場合でも、

引用の定義に値しないものは、無断転載とみなします。